肌の糖化・抗糖化(こうとうか)洗顔
                      抗糖花リピート率
 ネット通販上では類を見ない
 高いリピート率が信頼の証です。
 
 
最近チェックした商品
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
【定休日】土日・祝日(10月9日)

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
【定休日】土日・祝日(11月3、23日)

正しい洗顔方法


洗顔しすぎると


肌のセラミドや天然保湿因子(NMF)
が洗い流され肌の水分が、低下してしまいます。


水分が低下すると、角質が厚くなり
乾燥を防ごうとします。


角質が厚くなると、毛穴がふさがれ


にきびなどが出やすくなります。


10代は別として、20代以降の洗顔は
朝・晩の2回が原則。

脂が浮いたときは、脂取り紙でおさえて。

刺激の少ない石鹸で汚れを浮かす。

肌にポツポツなどあると、ゴシゴシ洗って
ポツポツを洗い出したくなります。

しかし、肌を痛めるだけで、こすり洗いは百害あって一利なし。

(参考著書 吉木伸子著 美肌のお医者さんが教える)
             「1分間」スキンケア)等


石鹸で顔を洗うと、常在菌という菌が死んでしまいます。

常在菌は年令を重ねるほど、元に戻りにくい菌です。

この菌が肌の脂などを食べて、肌を酸性に導いてくれることで、肌を悪い菌から守ってくれています。

洗浄力の強い石鹸で洗いすぎてはいけないと言われているのは、常在菌が死滅してしまうからです。