老化と糖化・最終糖化産物AGEsの関係
                      抗糖花リピート率
 ネット通販上では類を見ない
 高いリピート率が信頼の証です。
 
 
最近チェックした商品
2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
GW休業【5/3〜5/7】

老化の原因は

年を重ねるほどに、同じ年令でもすごく老けて見える人、若々しい人。
元気な人、病弱な人の差が開くように感じます。

● その差を生む老化とは

老化の原因とは?抗酸化、抗糖化

老化には「とめられる老化」と「止められない老化」があり

老化することで、糖尿や心臓病、癌、脳卒中などの病気の元になり、
人間本来の寿命125歳まで生きられないと考えられるようになってきました。


●「止められない老化」とは

年取ると必ず起こる、細胞やホルモンの機能低下

●「止められる老化」とは

1.活性酸素による酸化

2.蛋白質の糖化

3.ホルモン分泌の変化

などがあり、
この3つは20代の体でもすでに起こっています。

この3つが、細胞やホルモンの機能低下をさらに加速させる。


そのため意識して「止められる老化」を抑えるようにすれば
かなりの度合いで老化にブレーキがかけられると考えられています。


活性酸素が発生しても若いうちは、活性酸素を毒性の低い物質に変える
スーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)という酵素が出て無毒化するのですが
加齢とともに酵素が減少してしまいます。

1 活性酸素を発生させないために

ヽ萓酸素を消す酵素を減少させないように、酵素を作る材料をとる
蛋白質、マンガンとくに不足しやすい、
亜鉛(牡蠣、レバーなどに含まれる)を意識して食べる
抗酸化物質を積極的にとる
ヨモギ、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草
赤ワイン、ココア、大豆、春菊、たまねぎ、かんきつ類の皮
ブロッコリー、小松菜、いわし、レタスなど
3萓酸素を発生させない生活をする
たばこを吸わない。
アルコールは飲みすぎない。(肝臓で分解するとき発生)
激しい運動をしない。
食べ過ぎない。(消化・吸収するときに発生)
ストレスを感じ続けない
マーガリンなどの油をとらない。
バージンオリーブオイルなどを取る。
太りすぎない。

2 蛋白質を糖化させない為に

ゝ涎磴坊貪を上げるような食事の仕方をしない
酢の物を取る。(吸収が遅くなるため)
抗糖化食品をとる
カモミール、よもぎ、コーンのひげ、ブドウ葉など
E化をすすめるような生活をしない
紫外線を浴び続けない。
ストレスをためない

3 ホルモンの分泌を低下させない

.曠襯皀鵑鮟个気擦
午後10時から午前2時は成長ホルモンが出やすいのでそれまでに寝る
▲好肇譽奪善親阿鬚垢
(血管をしなやかにし動脈硬化のリスクを下げる)

 参考著書 「死ぬまで元気な人でいる」
医学博士 満尾 正 氏

正しい洗顔方法